スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Office2010を購入してみた

05-01,2012

といっても自分が使うのではなく、親のPCである。最近パソコン教室に行き始めたそうで、WordやExcelも2010版を使っているとのこと。
せっかく家にパソコンがあるので、家でも勉強したいという。しかし実家のPCはWindows XP + Celeron 1GHz, Mem=512MBで激遅スペック。
そこで、ほとんど使っていない私の持ち腐れ気味なノートPC(Windows7)をあげることにした。
あとはOffice2010だけど、こいつが3万円以上もする…。そこでOffice2010を安く買えないものかと調べてみたところ、、
海外のみで販売されている「Office2010 Home and Student」 というエディションがあった。
日本で言うアカデミックパックとは異なり、学生だけでなく家庭用向けの非商用利用に限った安価なライセンス。アカデミックパックではないので、購入する際に学生証の提示は不要。
しかしこれ、日本語版がない(別売の日本語LanguagePackをあてることで日本語化できる)。日本だけボったくられている気が…

・メリット/デメリット
[メリット]
・安く購入できる
 (約8000-10,000円くらい - 3台PCライセンス版)

[デメリット]
・家庭使用に限る。商用利用不可。
・インストールがちょっと面倒 (LanguagePackを購入・インストールしたりとか)
・Officeのタイトルバーに「非商用目的」という文字が表示されている

[内容物]
Office2010 Home and Studentの中身は
 ・Word 2010
 ・Excel 2010
 ・PowerPoint 2010
 ・OneNote 2010 (なんすかこれ?…)
がセットになったパッケージ。
セット内容としては、日本のOffice Home and Business 2010 (約3万円) に相当。

ちなみに、これを購入してみた。
中国語版のOffice2010 Home and Student。3台のPCまでインストールできる。
01

Microsoftの認定シールも貼ってあり、ひと安心
(とは言っても、プロダクトキーが通ることを確認するまで不安でしたが…
写真では加工していますが、実物はバーコードとか印刷されていますのでご安心を)
02

左のマニュアルの背後にプロダクトキーのシートがある。右側にインストールDVDが(プロダクトキーが必要なだけなので、DVDは結局使わないのですが…)。
03

あとOffce2010には32bit版と64bit版があるけど、64bit版はトラブルが多いらしく、(64bitOSにインストールする場合でも)マイクロソフトは32bit版Officeの使用を推奨している。

流れ的には
Office2010 Home and Studentをインストール → 日本語LanguagePackをインストール → アクティベート
で無事に、日本語になりました。
当たり前ですが、IME2010も日本語です。


導入(インストール&日本語化&アクティベート)までの備忘録:
(※あくまで自己責任で)





1.英語版Officeのダウンロード
中国版Office+日本語LanguagePackでは文字化けするらしいので、英語版OfficeをMicrosoftのダウンロードサイトから再ダウンロード。

a) Officeの再ダウンロードサイトにアクセス
 http://office.microsoft.com/ja-jp/products/FX101828860.aspx
 購入したのはダウンロード製品ではないが、このサイトを利用できるか調べてみた。
 正規プロダクトキーを持っていれば問題なさそう。
 08

b) [ダウンロード]ボタンをクリックし、プロダクトキーと言語を入力
 ここで言語は"英語"を選択。プロダクトキーは購入した中国語版Office製品のプロダクトキーを入力。

c) Windows Liveにサインインする
 Windows Liveのアカウントが無い場合は、ここで「新しいアカウントの作成」で新規作成する。

d) エディションと言語、金額を確認
 プロダクトキーからOffice2010 Home and Studentと認識されているはず。
 ダウンロードするパッケージは"英語"で、ライセンスを持っているので金額は0円であることを確認。
 04

e) そのまま進むとダウンロード画面に
 ダウンロードする。1GB近くある。実家はADSLなので30分くらいかかった…
 05


2.英語版Officeのインストール

a) プロダクトキーを入力
 Onlineアクティベートでは失敗することがあるらしいのでチェックを外す
 06

b) インストール完了
 まだアクティベートしないので右下のCloseを押下して終了
 07


3.日本語LanguagePackを購入
(すでに持っている場合は4.へ)
a) LanguagePackのサイトへアクセス
 http://office.microsoft.com/ja-jp/language/
 サイト右上の言語で「日本語」を選択し、[今すぐ購入]ボタンをクリック。
 (以前までは海外のMSサイトから購入すればUSドルとかで安く購入できた模様。仕組みが変わったのか、今は、強制的に日本円での清算にだった。)
 09

b) オンライン購入処理を進める
 途中でWindowsLiveへのサインインが必要。
 価格は3,255円。
 10

c) 代金を払う以外は1.の手順と同じ。
 X16-37718.exe(*1)をダウンロードする。
  (*1)現時点の32bit版のファイル名。将来的に変わるかもしれません。

4.日本語LanguagePackをインストール
日本語LanguagePackを実行。(こちらはプロダクトキーは無いので実行するだけ。)
最後に2.-b) の画面が表示されるが[閉じる]を実行。

5.アクティベート
a) Wordなど適当なOffice2010アプリケーションを起動

b) ライセンス認証ウィザードが起動するので、「認証を電話で行う」を選択
 (真偽は定かではないが、アマゾンレビューを見るとオンライン認証だと失敗する場合があるとか書いてあったので電話認証にした。臆病者なので…)
 11

c) ライセンス認証ウィザード画面
 表示されているライセンス認証用電話番号に電話する。(すべて機械音声)
 10分くらいかかるのでフリーダイヤルにかけたほうが良い。(携帯でもつながる)
 9組のIDを順番に入力した後に8組の確認ID(全部数字)がアナウンスされるので間違えないように入力。
 12

d) [次へ]を押下してライセンス認証完了画面が表示されたら、完了。

e) 以上で、終わりなのですが、、、
 最後にWindows updateを手動で実行することをおすすめします。
 Office関連のアップデートがバックグラウンドで自動実行されると、PCがかなり重くなるのでさっさと済ませた方がよいです。
 ちなみに、、20本くらいのアップデートが走る...そのうえ3回くらい再起動が必要...

6.おまけ
タイトルバーに「非商用利用」がどのように表示されているかの状況
・Word
 13
・Excel
 14
・PowerPoint
 15

 タイトルバーには嫌がらせ(^_^;)のように表示されているけれど、保存したファイル側には記録されていない様子。
 (ファイルプロパティや、アプリケーション側の情報タブで確認してみた)


最後に
 ノートPCの購入を検討している人で、欲しいPCにOffice2010がバンドルされていない…と迷っている方には良いかと。非商用利用に限りますが。
 …とバンドルのことを書いていて思い出したのだけど、Office2000を持っていたんだったー!
 こんな面倒なことをしなくてもアップグレード優待の資格があったよ…(T_T)
 先日の液晶モニタのといい、買い物で失敗しまくり。
 こんな情報でも何かのお役に立てれば幸いです……_| ̄|...((○
 ちなみにOffice2010 Personal アップグレード優待版にはPowerPointは無いです。(自分には関係ないアプリですが)

参考:
自分が購入したのはAmazonから(マーケットプレイスだったと思う)、下記の中国語3ライセンス版。
16
Microsoft Office2010 Home&Student 3台パック日本語対応『並行輸入品』
複数のPC(3台まで)にインストールしたい方はこちらがお得。
いろいろ手順っぽいことを書きましたが、購入した製品に日本語化のマニュアルがついている場合は、その指示に従ってください。製品についている情報のほうが正しい(最新)ので。


自分は買わなかったけど、中国語1ライセンス版(プロダクトキーのみ)
17
Microsoft Office2010 Home&Student 日本語対応『並行輸入品』【プロダクトキー】
1台でしか使わない、という方は、こちらの方がよいかと。DVDメディアはついてきません。ライセンスカードのみです。
こちらは4,000円くらい。


そして、、、Microsoft Office Personal 2010 アップグレード優待 日本語!(T_T)
18
Microsoft Office Personal 2010 アップグレード優待

旧Office(2000~)を持っている方はアップグレード優待が良いでしょう。Amazonサイトの紹介を見るとPC2台までインストールできるようです。"非商用目的"とかも出ないし、インストールも簡単です…ふぅ…。
※Personalのアップグレード優待にはPowerPointは無いので注意を。
(Home and BusinessならPowerPointがありますが、ちょっとお高いです。)



では~(^_^)/~
関連記事

COMMENT

れんとろ様、中国語1ライセンス版(プロダクトキーのみ)について調べていてたどりつきました。とてもわかりやすいご説明で、購入の後押しになりました。プロダクトキーのみの購入でしたが、ご説明の通りの方法でインストールから電話でのアクティベートまで完了しました。格安でOFFICEを入れることができたのはれんとろ様のおかげです。一言お礼の気持ちをお伝えしたくてコメント致しました。長文失礼致しました。本当に感謝です!
2012/06/29(金) 20:09:06 |URL|ねこ #C6WzpfCA [EDIT]
れんとろ様
正規版Officeを安く入手する方法を教えていただき感謝です。
もう、とっくに無くなってると思ったのに思いのほか安く手に入り、丁寧な説明書がCDに入っていたので無事に使えるようになりました。
2012/06/30(土) 16:55:07 |URL|いぬ #- [EDIT]
このような過疎ブログにコメントいただき、申し訳なく。
お役に立てたようで、失敗が報われた気分です(T_T)
2012/07/25(水) 20:28:41 |URL|れんとろ #rHat8f7E [EDIT]
very nice! very good!
大変参考になりましたよ(#^.^#)
2012/08/26(日) 20:46:34 |URL|nice! #- [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/09/26(水) 23:48:42 || # [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。